FC2ブログ
butterfly-17057_640





夫の恩人(足のご不自由な老人)から頼まれてしまった作業小屋の片付け。

中身はゴミ屋敷でした。






ところで虫が大嫌いな方はこの先は読まないほうがいいかもしれません。

自己責任でご判断ください。大きな虫ではありませんが…






最初の何回かは数人集っての作業で、天井のすす払いから始め

不用品は2階のものも全て外に出し、

不要な作り付け棚もバールで破壊してなくし、

床はぞうきんで拭きまくったあと漂白剤入り水でモップがけ。






窓も開けられず暑いので、毎週土曜日の朝6時にスタートして

夫ともう一人の男性とで何度も通い、

ようやくこれらの作業を終えました。






そして先週のある日、粗大ゴミ等を処分場へ運ぶために

夫は軽トラで出かけ、作業小屋の隣にある、

大きなブナの木の周りに置いておいた

ゴミをほとんど軽トラに積みました。





そしてもう一人の男性も手伝ってくれて2人で処分場に向かっていたところ。

なんだか夫は両手が痛くなってきました。

もう一人の男性も同じです。

やがてその痛みは全身に広がり、顔、首、腹、ももの裏までが痛くなってしまったのです。






そこで夫は思い出しました。

さっきブナの木にイラガのまゆがあり、幼虫がいたことを…。






イラガは成虫である蛾には毒はないのですが、幼虫は毒針を持っているのです。

それに刺されると痛みは激しく、蜂にさされたようでもあることから

「蜂熊」とも呼ばれています。

その毒針が体中に刺さってしまったらしいのです。







夫は軍手はしてましたが七部袖だったので腕も相当やられてしまいました。

もう一人の男性も皮膚がボコボコにはれ上がってしまいました。

夫はジーパンを履いていたのに、それも突き抜けて毒針が足に刺さったのです。






痛さにたまらず、帰りがけに薬局に飛び込んで最も効くムヒを店員さんに聞いて

買いました。でも全然効かないのです。






家に飛び込むように帰ってきて「大変なことになったあー!」と

叫ぶので私も驚きました。

痛がりながらネットで検索すると、50度以上の温度で

毒がなくなるらしいとわかり、体中にドライヤーを当てたり、

お湯で熱したスプーンを皮膚に押し当てたり、

毒針を洗い流すためシャワーに入ったりしました。






効果があったのか翌日には痛みが半分になったそうです。

着ていた服は、下着も全部捨てました。

もったいないけど仕方ありません。

それから数日たっても夫は「痛っ!」と痛がっていました。






こんなことになるなんて、本当に驚きました。

ゴミ屋敷の片付けは危険が一杯です。

できることなら二度とやって欲しくはありません。

私も恐ろしいそのブナの木や幼虫の近くには絶対近寄りたくないです。






でも実は、私たちが引っ越すのはこの作業小屋とブナの木の土地の隣の土地です…。

今から戦々恐々としてしまいます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 断捨離してますか?へ
断捨離してますか?

にほんブログ村テーマ 親の家の片づけへ
親の家の片づけ

にほんブログ村テーマ 住まい、住宅、家、住居、家屋へ
住まい、住宅、家、住居、家屋

にほんブログ村テーマ ワタシ、汚部屋と戦ってますへ
ワタシ、汚部屋と戦ってます

にほんブログ村テーマ 目指せ!汚部屋脱出へ
目指せ!汚部屋脱出

にほんブログ村テーマ 汚部屋から脱出したい!へ
汚部屋から脱出したい!

スポンサーサイト
2018.08.14 Tue l 事件 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿